【創刊5周年記念】読み続けられている人気記事ベスト6

既成概念にとらわれない多様な暮らし・人生を応援するメディア「LIFULL STORIES」は2023年12月に創刊5周年を迎えました。記事の公開以来読み続けられている年代別の人気記事ベスト6を発表します!

最も読み続けられている記事ベスト6

2023年|心地よいはみんな違う。私たちのパートナーシップ【モーリー・ロバートソンの場合】

今回話を聞いたのは、タレント、ミュージシャン、ジャーナリストなど幅広く活躍するモーリー・ロバートソンさん。俳優の池田有希子さんと事実婚という形でパートナーシップを築いている。モーリーさんの視点から見た「心地よいパートナーシップ」について話を聞いた。

2022年| 将来の夢は早く決めなきゃ、なんてない。

いま注目の料理家、長谷川あかりさん。10代で芸能界入りし俳優としての活躍を夢見ていたが、20歳で引退して料理の道へ。22歳と一般的には少しだけ遅めの大学入学を果たし、現在では大人気の料理家へと変身を遂げた。大胆な方向転換に見えるが、長谷川さんはどんなキャリア観を思い描いているのだろうか。話を伺った。

2021年| 運動は毎日継続しないと意味がない、なんてない。

運動を始める際、人はついつい「2週間で5㎏減!」などといった短期戦で結果を求めがちだ。そして達成できなかった時には、「自分はダメだ」「できなかった」と落ち込んでしまう。しかし、本当に運動とは「根性論」が必要なのだろうか。のがちゃんの目指す運動のあり方や、継続のコツは一体どんなものなのだろうか?

2020年| 家族の在り方はひとつでなきゃ、なんてない。

「趣味や好きな食べ物、話し方や声のトーンもそう。母とは似ている部分がたくさんあるんです」と、サヘルさんはほほ笑む。柔軟な考え方や思慮深さ、人との接し方も養母から愛情とともに受け継いだもの。今でこそ「母とは絶対に離れないほどの強い絆がある」という彼女だが、養子であることに引け目を感じたり、「家族はこうじゃなきゃ」という既成概念に縛られ、思い悩んだ時期もあったという。

2019年| 旅をしながら暮らすのは難しい、なんてない。

伊佐さんは「すごくビビリな性格なので、安定した暮らしを手放すのも新しい世界に飛び込むのも怖くてたまらないんです」と言う。肩書や安定した生き方、果ては住む家まで、多くの人が執心するさまざまなものを手放してきた背景には、「後悔したくない」という強い思いがあった。

2018年| LGBTは受け入れられない、なんてない。

「最近、LGBTの人が増えたよね」という声に対し「増えたわけではなく、表に出てこられない、言えないという現実があっただけ」と語るのは、心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」である杉山文野さん。LGBTへの理解や認知を広める活動が功を奏し、埋もれていた多様性の形が少しずつ世間から認められるようになってきている。

LIFULL STORIESがここまで成長してこられたのは、コンセプトに共感し取材をお受けいただいた皆さま、創刊から協力いただいた編集、ライター、フォトグラファーの皆さま、そして何よりも応援してくださる読者の皆さまのおかげです。編集部一同、心より御礼申し上げます。

LIFULL STORIES編集部

#2020年ベスト5の記事

もっと見る

#2021年ベスト5の記事

もっと見る

#2022年ベスト5の記事

もっと見る