top  / events  / 「木を食べる」フルコース!奥多摩の森で一夜限りのレストランをオープン
2018/10/10

「木を食べる」フルコース!奥多摩の森で一夜限りのレストランをオープン

地球料理 -Earth Cuisine-

2018年10月10日(水)、東京都奥多摩町の森の中に一夜限りのレストラン「Eatree Plates」がオープンしました。
これは、LIFULL Table Presents「地球料理 -Earth Cuisine-」の第1弾。地球上でまだ光が当たっていない素材にフォーカスし、その素材を食べることが地球と人のためになる、そんな新たな食材を見つけるプロジェクトです。

第1弾のテーマは「間伐材」。
国土の約3分の2を森林が占め、世界有数の森林大国である日本ですが、近年では木材需要の低迷や輸入材の増加、人件費による経営コストの上昇などにより林業の生産性が悪化。間伐が行われない森林や、間伐をしても木材を運び出さない「伐り捨て間伐」が問題化しています。このような問題に着目し、間伐材=木を食べるという新たな食体験、そして感性を揺さぶるフルコースがゲスト24人を楽しませました。

ABOUT

地球上でまだ光を当てられていない素材に注目し、地球の新たな食材を見つけるプロジェクト。第1弾は、「間伐材」を味わう「Eatree Plates」

「木を食べる」フルコース

テーマは「五感で感じる森林浴」。杉をはじめ、香り豊かな木々を原料に研究開発した特別なウッドパウダーを全ての料理に使用し、感性を揺さぶるコースに仕立てました。

幻想的にライトアップされた野外レストラン

この日のために何もない山を切り開いてオープンした野外レストラン。間伐材を使った手作りの照明でライトアップされた会場の中で、「間伐材」がテーマのコースを堪能するゲストは、未知のおいしさと向き合いました。

世界が注目するシェフが料理をプロデュース

元「TIRPSE」のシェフで、「世界のベストレストラン50」の「Discovery seriesアジア部門」選出、「ゴーエミヨジャポン2018期待の若手シェフ賞」受賞歴のある田村浩二さんが料理のプロデュースから当日の料理までを担当しました。

木を食べることで森を守る

「Eatree Plates」を通して、環境問題である間伐材の「食べる」という新たな用途を開発することで、食をきっかけに間伐材の重要性を伝え、日本の森林を守る取り組みの一助になりたいと考えています。

MENU

東京・麹町にある「LIFULL Table」では11月15日(木)、27日(火)、12月5日(水)、6日(木)、11日(火)の5日間、各日2部制で「LIFULL Table Earth Cuisine」を実施。


Profile

Chef

田村 浩二

1985年生まれ、神奈川県出身。食のUI、UXをデザインする料理人兼デザイナー。開店わずか2か月でミシュラン1つ星を獲得したフレンチレストラン「TIRPSE (ティルプス)」元シェフ。 世界のベストレストラン50の「Discovery series アジア部門」選出、「ゴーエミヨジャポン2018 期待の若手シェフ賞」受賞。 複数の事業を手掛ける事業家、経営者としても多方面に活躍。.science 株式会社 取締役、Tanpan.CO 事業開発部 執行役員。

Information

イベント名
「Eatree Plates」(LIFULL Table Presents「地球料理 -Earth Cuisine-」第1弾)
日時
2018年10月10日(水)16:30~18:30
場所
東京都西多摩郡奥多摩町海澤付近
シェフ
田村 浩二
参加者
ゲスト24人
REPORT 2018/12/05 地球料理 -Earth Cuisine-