SNS上で起こる「エコーチェンバー現象」とは? デマやフェイクニュースへの対策を解説

私たちは毎日多くの情報をSNS経由で取り入れています。SNS上にはさまざまな情報があり便利ですが、一方、その中からデマやフェイクニュースを見分ける必要があります。たくさんある情報から、信頼できる情報を取捨選択することは簡単ではありません。その点で、知っておきたい気を付けるべきことに「エコーチェンバー現象」があります。

この記事では下記の5点を解説します。

  • 「エコーチェンバー現象」とは?
  • 過激な考えに傾倒してしまう危険性がある
  • エコーチェンバーの要因となる確証バイアス
  • SNSを健全に利用するためには?
  • 思い込みや偏見に支配されず、多様な意見を理解するには

「エコーチェンバー現象」とは?

笹原和俊氏(東京工業大学 環境・社会理工学院 准教授)は、「ソーシャルメディアを利用する際、自分と似た興味・関心を持つユーザーをフォローする結果、意見をSNSで発信すると自分と似た意見が返ってくるという状況」について、「閉じた小部屋で音が反響する物理現象」にたとえ、そしてそれを「エコーチェンバー」と解説しています。

SNSは自分と類似した価値観や趣味を持つ人たちとインターネットを通じて知り合い、互いにフォローしたり、「いいね」したりすることで交流を楽しめるツールです。

SNSや検索エンジンはアルゴリズムによって最適化されており、過去に閲覧したものや発信した内容に基づき検索結果を表示するように設計されています(推薦アルゴリズム)。そのため、次第に「おすすめ」される情報は自分が「好むであろう」内容に占拠されることになります。その結果、自分の意見と異なる情報は排除され、自分の考えが偏っていることを認識しづらくなるのです。

このように、人々がインターネット上にある一つの意見に流されていき、それが最終的に大きな流れとなることを「サイバーカスケード」と呼びます。ネットでの炎上現象やコロナ禍で起きた「自粛警察行動」の背後には、このサイバーカスケードが関係しているケースが多いといわれます。

※出典:総務省|令和元年版 情報通信白書|インターネット上での情報流通の特徴と言われているもの

過激な考えに傾倒してしまう危険性がある

サイバーカスケードは、「ネット上での集団極性化現象」のことで「集団極性化」とは、集団で討議を行うと、討議後に人々の意見が特定方向に先鋭化する現象を指します。さまざまな考え方を持つ人が集まり、討議をすることでバランスの取れた見方ができるようになるのでは、と考えますが実際はそれと逆の現象が生じ、ネット上ではその傾向はさらに強まります。そのため、同じ価値観を持つ者同士でつくられたコミュニティーは、負の側面も大きいという指摘もあります。

エコーチェンバー現象に加え、サイバーカスケードを引き起こすものとして「フィルターバブル現象」があります。フィルターバブルとは、SNSや検索サイトの推薦アルゴリズムが、その人の見たくない情報を遮断することで、見たい情報ばかりがフィルターを通り抜けることをいいます。その結果、それらの情報に接する人の視野はどんどん狭くなっていきます。

サイバーカスケードが実際の行動に結びついた例として、2021年の米国連邦議会乱入事件が挙げられます。この事件に大きな影響を与えたのは「特定の出来事が何か邪悪な集団や人物の策略や陰謀である」とする陰謀論だといわれています。

中でも「トランプ大統領がディープステート(闇の政府)と戦うヒーローである」とする「Qアノン」と呼ばれる陰謀論が大きな影響を持っていたようですが、そのきっかけは2017年に「Q」と名乗る人物がインターネットに書き込んだ投稿でした。それがエコーチェンバー現象や、フィルターバブル現象によって広がり、増強していき、死傷者を生み出すほどの暴力的な事件にまで発展したのです。

このようにエコーチェンバー現象は、単にネットのバーチャルな領域にとどまらず、実社会にも大きな影響を及ぼすことが懸念されています。

※出典:総務省|令和元年版 情報通信白書|インターネット上での情報流通の特徴と言われているもの

エコーチェンバーの要因となる確証バイアス

エコーチェンバー現象を引き起こす心理的な要因の一つに「確証バイアス」があります。確証バイアスとは、「人間が持つ、自分がすでに持っている意見・信念を肯定する情報ばかりを集めようとする傾向」のことです。

一般的な事例として、血液型と性格の関係があります。現在、血液型と人の性格には因果関係がないことが科学的に証明されています。実際、同じ血液型でも人の性格はさまざまな特徴を含んでいます。しかし、「A型は几帳面(きちょうめん)」という意見を信じ込んでしまうと、相手の几帳面に見える部分ばかりに注目するようになります。結果として、「A型は几帳面」という思い込みはますます強化されてしまいます。

上の事例からも分かる通り、確証バイアスによって「自分の考えが正しい」という認識は助長されてしまいます。こうした思考のゆがみはSNSだけでなく、日常生活や社会活動、政治や経済などさまざまなシーンに散見されます。

私たちが完全に確証バイアスから解放されることは不可能と言えるでしょう。誰も世界を客観的にありのままに見ることはできないからです。そのため、「自分には確証バイアスがある」と認識することが、気付きへの第一歩です。インターネットやSNSを健全に活用するためにも、情報を検索する時にはその点を銘記するようにしましょう。

SNSを健全に利用するためには?

SNSを健全に利用するためには、エコーチェンバーの影響を受けないようにする必要があります。SNSの有用性は認めつつも、できるだけ偏りなく情報収集を行うためには一人ひとりが情報リテラシーを高めることが欠かせません。具体的には、以下の3点を心がけましょう。

ポイント①安易に情報を信じ込まずに、1次情報にアクセスする

SNSや個人のブログ記事、まとめサイトでは、出所が分からないさまざまなデータを切り貼りして、自分の主張をつくり上げているコンテンツがあります。そうした主張がどんなデータに基づいているのか、データの出典はどこかをチェックしましょう。もし、出典が分かるようなら必ず1次情報をチェックし、正しく引用されているか確認します。

ポイント②自分が見ている情報が全てではないことを認識する

同じ価値観や意見を持つ人とつながれるのはSNSの利点です。しかし、そうした人たちとばかり情報のやりとりをしていても、視野が広がることはありません。自分と違う意見の人たちがいることを認識すれば、異なった意見に触れても、すぐに批判したり、攻撃したりすることを避けられます。

ポイント③正確な情報、多様な意見や考え方に触れたり、対話したり、コミュニケーションを意識する

「対話」は単なるおしゃべりとは異なり、何かしらのテーマに基づいて、それぞれの意見を述べ合うことを意味します。たとえば、テーマに基づくお互いの意見が異なる場合、まずは、お互いの意見や立場が違うことを認めます。そして、対話によりコミュニケーション不足からくる言葉の意味のズレをすり合わせたり、自分の考えを深めたりすることができます。テーマにもよりますが、さまざまな異なる意見が存在してしかるべき場合には、相手の意見を尊重しながら、対話することを心がけましょう。

対話は、日常生活において大切なコミュニケーションの一つです。ただ、「話すことが苦手」「自分は“コミュ障”だから……」と後ろ向きになっていませんか? 対話への思い込みを捨てるところから始めてみると、新たな気付きや発見があるかもしれません。

思い込みや偏見に支配されず、多様な意見を理解するには

SNS上のコミュニケーション方法や情報の取得の仕方を工夫したり、対話を取り入れたりすることで、異なる考え方に向き合う人たちの事例を紹介します。

精神科医の名越康文さんは、短い文だけでやりとりするコミュニケーションは日本人だからこそトラブルが起きやすいと分析します。目の前の言葉そのものを受け取るのではなく、言葉の裏側を想像してしまう傾向が多くの日本人にあるため、「言葉に対する敏感さ」を自分自身で客観的につかんでおくことが必要だと言います。

エシカルファッションプランナーとしてオンライン講座やコミュニティを展開する鎌田安里紗さんの情報に対する向き合い方は、私たちにとって参考になります。誰もがSNS上では分かりやすい主張や意見に飛びついてしまう傾向がありますが、鎌田さんは「常にモヤモヤしている」と言います。しかし、「その状態はきっと健全」であり、「『適度な罪悪感』を感じながらも少しずつ良い方向へ向かえるように生きていけたらいいのではないか」と語っています。

フーズカカオ株式会社の代表取締役として、スペシャルティカカオ豆の開発に取り組む福村瑛さんは、「良くも悪くも日本の人たちは人を信用しすぎている気がする」と指摘します。福村さんが関わっているカカオ農園に関しても、多くの人たちは貧困の問題や児童労働の問題など海外メディアを翻訳した記事だけで判断しており、実際に日本人ジャーナリストが現地に足を運んで記事にしているケースが少なすぎると懸念しています。「1次情報を得ることが本当の課題を解決する第一歩だと思っています」と福村さんは語ります。

歌人として活躍する鈴掛真さんは、ゲイとしての葛藤など活動当初から自分の性的指向をカミングアウトしています。鈴掛さんは、近年LGBTQ+という概念が広まったからこそ生まれた誤解や偏見があると感じており、「LGBTQ+の人を『概念』ではなく『個人』で見てほしい」と主張します。セクシュアルマイノリティーも一人ひとり個性が違うのは当たり前、「それぞれと会って話していくことで差別はなくなる」と語ります。

まとめ

今回、エコーチェンバーについて初めて知った人もいるかもしれません。SNS上でそうした現象が起きていることを知っているのと、知らないのとでは情報に対するアプローチが全く変わるでしょう。エコーチェンバー現象の根底にある確証バイアスも含め、私たちが自分の認知の仕方について、慎重に丁寧になることで、自分も他人も傷つけることが減り、もっと健全にSNSを活用していけるはずです。

監修者:笹原和俊
東京工業大学環境・社会理工学院准教授。名古屋大学大学院情報学研究科講師等を経て現職。学外ではカリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員、インディアナ大学客員研究員、科学技術振興機構の「さきがけ」研究者を務めた。専門は計算社会科学。主著に『フェイクニュースを科学する 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ』(化学同人)、『ディープフェイクの衝撃 AI技術がもたらす破壊と創造』(PHP研究所)がある。

みんなが読んでいる記事

#アンコンシャスバイアスの記事

もっと見る

その他のカテゴリ